5月病が大学生にとってキケンな理由 前編

皆さんこんにちは!

ゴールデンウィークはエンジョイしていますか?
週間の天気予報によると近畿圏はだいたい晴れるところが多そうですね。お出かけ日和になりそうです。

さてさて、ゴールデンウィークに入ったころから休み明けに多いといわれているのが「5月病」です。
名前の通り、5月に入って急に体の不調や気分の落ち込みを訴える、というのはみなさんご存知でしょう。
「5月病なんか、なってもすぐ治るでしょ」と、普段軽く考えている人も多い印象がありますが、この5月病が楽しい学生生活を脅かす(?)最初の敵といっても過言ではありません。

大学生の視点から5月病の原因と対策を考えていきましょう。

 

大学生の五月病 原因は?

N112_kaowoooujyosei500

ゴールデンウィーク明けから急に授業に出なくなってしまった…
何となく学校に行くのが嫌…

 

2回生以上のあなた。こんな経験はありませんか?私はあります。大ありです!
5月病はしばしば自然に治るもの、と認識されていますが、もしこのままの状態が続いてしまえば学生生活に支障をきたしますよね。

5月病は、4月から環境の変わった人によく起こります。

・新しい環境になじめない
・新しい人間関係を築けない
理想と現実のギャップがあった 等の原因があるようです。

 

 

新しい環境についていけない

進学や進級で環境が変わり、例えば勉強している内容が難しい、学業がうまくいかないといったことでストレスを感じて、ふさぎ込んでしまうことがあります。
どの原因にも共通することですが、4月のうちはそういったストレスにがんばろうという気持ちで立ち向かうことが可能ですが、休みをはさんでしまったことで気持ちが緩んでしまうのも関係しているでしょう。

 

新しい人間関係を築けない

環境も変わり、人間関係も変わってくると思います。高校生から大学生へ、人との付き合い方がガラッと変わってきますし、進級によってゼミやサークルなどでも役割や関係が変化する時期です。
なかなか友人ができない、先輩との付き合い方がわからないなどの悩みが原因になることもあります。

 

理想と現実にギャップがあった

最近新卒の社会人によくあると聞くギャップですが、大学でも同じことが起こります。大学に入学して「思っていたものと違った」「○○だと思っていたのに」と思う人が少なくないようです。目的意識が高い学生や、大学に過剰に期待を持つ人がこの理由で5月病になってしまうことがあります。

 

4月の頑張りの反動=5月病

さて、3つの中に少しでもあてはまる要素があるかもしれない人は、4月からの自分を振り返ってみてください。いろんな場面できっとストレスを感じてきたことでしょう。次回はその5月病の対策についてお話ししたいと思います。またの機会にお会いしましょう!