LINEの「クリエイターズスタンプ」が楽しすぎる!

皆さんこんにちは!

大阪はついに梅雨入りを迎えて、じめじめと暑い日が続いていますね。

さて、LINE使っていないともはや「迷惑がかかる」ともいわれるほど、浸透していますが、特に大学生の間でも、連絡を取り合うツールとして使用されるのが一般的になっています。
そのLINEで最近ブームの波が来そうなのが「クリエイターズスタンプ」と呼ばれるもの。

クリエイターズスタンプ   LINE STORE

クリエイターズスタンプとは、LINEのIDを持つ人が自由にスタンプを制作してストアで販売できるというもの。
ガイドラインや規約、審査はありますが、オリジナルのスタンプを気軽に作れるサービスで、これが作る人も使う人もおいしいサービスです。

では、その理由を見てみましょう。

 

1.スタンプの種類が豊富

今の時点で1000を超える種類のスタンプが販売されています。
クリエイターが自由な発想で作ったとはいえ「これ、トークで使えそう」と思うものが沢山出てきます。

LINEの公式スタンプもかなりの数販売されていますが、今後もクリエイターズスタンプがどんどん増えていくことは間違いなしです。
また、公式スタンプと違い、ひとつのスタンプが100円で販売されているので、お手頃価格なのも魅力ですね。

 

2.公式スタンプと同じように買える、使える

スタンプは購入→ダウンロード→すぐ使う、というのが当たり前になっているので、アプリ内で購入できるのはうれしいですね。
以前は、クリエイターズスタンプはLINEの別サービス「LINE STORE」を通さないと購入できませんでした。しかし、アプリの中で他のスタンプと同様に購入することが可能になったので、ワンクリックで購入→すぐ使用できてしまいます。

 

3.売り上げの半分がクリエイターに

これは、作る側のメリットとして挙げられますが、クリエイターズスタンプは、現在一律100円で販売されています。
そのうち、50パーセントはクリエイターの利益として還元されます。1個のスタンプが売れれば50円が手元に入ってくるというわけですね。
このシステムはビジネスとしても注目されていて、既に何人ものクリエイターが報酬を手にしています。

日頃応援しているクリエイターさんに少しながら貢献したり、イラストに自信がある方はスタンプを作ってお小遣い稼ぎができちゃうかもしれませんね!

N112_sumafomotteodoroku500

 

 

 

 

 

 

他にもいろいろなサービスを展開しているLINEですが、一番身近な「メッセージアプリ」としての新しい試みのこれからが楽しみです。
さっそくクリエイターズスタンプを使って、お友達とのやり取りをより楽しいものにしてみましょう!