夏本番!覚えておきたい熱中症の対策

みなさんこんにちは!
朝晩は涼しいですが、お昼は太陽燦々、アスファルトの照り返しで上からも下からも暑い。そんな時期ですね。

a1180_009917
夏休みに入ってしまった学生さんも多いと思いますが、やはりこの季節に気を付けなければいけないものといえば「熱中症」ですね。
熱中症は、外で激しい運動をした時に起こりやすいと思われがちですが、実際には、室内でも十分起こる可能性があります。せっかくの夏休みを楽しく過ごすために熱中症の予防と対策について書いていきたいと思います。

 

熱中症についておさらいしよう

熱中症は発汗による水分や塩分不足、また高湿度の場合発汗が抑えられ、体内に熱がこもりやすい状況で起こる症状で、危険度別に症状が分類されていますが、最悪の場合死に至る危険性もあります。

特に、炎天下の屋外での運動時などに多いと思われがちですが、クーラーの利いた場所にいることが多く、暑さに慣れていない人も要注意。
私は暑い場所にあまり出ないから大丈夫、と思っている人ほど急な気温差に体が対応しきれず、熱中症の危険があります。

クーラーの温度を高めに設定したり、室外の暑さになれるようにすることも大切です。

 

熱中症予防の3つの約束

熱中症になりにくい体にするには、暑さに慣れること。しかし急に屋外で無理な運動をするのはお勧めしません。

また、水分と共に塩分の補給が重要ですがスポーツドリンクは糖分が多すぎる場合があるので、できれば経口補水液というのがあるのでそちらをお勧めします。アルコールは水分を摂ると同時に利尿作用で余計に水分を失ってしまう可能性があるのでNGです。

薄着をする、通気性の良い素材の服を着るのも効果的です。女性の方は日焼けが気になりついつい長袖、という方もいらっしゃいますが、できるだけ薄手の物を選びましょう。

 

覚えておきたい熱中症対策

気を付けていても、熱中症になってしまったり、熱中症の疑いがある場合、適切に対処することで症状を緩和させることができます。

・できるだけ日陰の涼しい場所に移動する/させる

・体を冷やす
発汗がうまくできず体温が下げられていない場合、霧吹きなどで体に水をかけて体を冷やしましょう。また、体の内部の温度を下げなければいけないので首元や脇など太い血管の集中する部分を冷やすのも効果的です。

・水分補給
水分と塩分を同時に補給できるスポーツドリンク等が望ましいです。

※意識がもうろうとしている等の障害がある場合は、すぐに救急車を呼びましょう。軽い症状であってもできるだけ早く病院に行くことが大事です。

OH62_nekorobunuko500
熱中症は誰でもなる可能性があります。自分の体をこまめに気遣ってあげることが大切ですね。
昨年から「高温注意情報」という、気温に関する気象情報が出ているので気にしてみてはいかがでしょうか?
せっかくの夏休み、思い切り楽しむために、できることから始めていきましょう!